私のブログにて結城市長選挙 立候補予定者による公開討論会について

掲載させて頂きましたが、先ほど、主催者の方から

開催を中止 する旨の連絡を頂きました。


理由をお尋ねしたところ、立候補予定者のうち1陣営のみしか

参加の回答が無かったことから公開討論会として成立しないためとの事でした。

主催者の方々の間では、開催日ぎりぎりまで開催するかどうかの判断を先延ばしにして

立候補 予定者陣営に参加を呼びかけようとの意見もあったようですが、

判断をひっぱると多くの方々にご迷惑をかけてしまうとのことで

断腸の思いで中止を決定したとも話をされていました。



全国でも国政選挙や首長選挙、県議会議員選挙における公開討論会が

定着しつつあり、県内でも多くの自治体で実施されています。

一方で、結城市では時代に逆行するようなことが起きようとしていることを

大変残念に思います。



しかしながら、1陣営で公開討論会を実施することは公平性の観点から

できないことも理解をしております。



ぎりぎりまで実施に向けて奔走された関係者の皆さんには

結城市でも政策での論争をする開かれた選挙の実現への取り組みに

心から感謝を申し上げたいと思います。



Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/979-412106d8